キャッシングできて助かりました

キャッシングできて助かりました

MENU

キャッシングできて助かりました

今までキャッシングはしたことがなかったのですが、出張で地方へ出かけた時に財布の中に全然現金が入ってないことがありました。財布の中にお金があると思って行動していたため、びっくりしました。

 

地方だったためキャッシュカードはあれど普段使っている金融機関はなく、近くにコンビニもない。困ったな、どうしようかなと思っていたら駅にキャッシングの機会を発見。しかもお金をすぐ返したら利息もつかないということだったので安心して出金しました。キャッシングは今までしたことがなかったのですがわかりやすい説明で簡単で、時間もかからずにお金をおろすことができ、仕事に穴をあけることなく行動できました。

 

地方ではコンビニが近くになかったり、普段使っている金融機関がなかったりするのでキャッシングの機械はまさに神でした。東京にもどってきてお金を返そうとした時もスムーズにお金を返すことができて、敷居が高いと思っていたのですが思ったより簡単でした。

 

今回はクレジットカードについているキャッシング機能を利用したのですが、普段は勝手についている機能だと思っていたものに救われました。使わなくてもいいのでクレジットカードにはキャッシング機能をつけておくことをお勧めしたいです。

嫌みも文句をいわれず簡単に借りられたカードキャッシングに感動

私は成人になってからもしばらくクレジットカードを作らず、初めて作ったのはパソコンを買ったときでした。パソコンを分割払いで購入する条件として、クレジットカードの申し込みがあったのです。

 

審査が無事に通って家にカードが送られてきて、しばらくはそのまま放置していたのですが、あるとき、後輩にプレゼントを贈るということになり、カードの出番がやってきました。ただ、そのカードのブランドはあまり一般的なものではなかったため、後輩にプレゼントをする商品をカードで買うことはできず、カードでキャッシングをして、そのお金で買うことにしました。

 

キャッシングの限度額は10万円で、キャッシングしたお金は1万円だったので、なんの心配もないはずでしたが、ATMにカードを入れて操作しているときは半信半疑でした。こんな簡単な操作で、本当にお金が出てくるのか疑問だったのです。

 

当然のことながら1万円が出てきたときには少し感動しました。今までお金を借りる場合、親に頼み、散々文句や嫌みをいわれてようやくお金を手にできるという感じだったのに、クレジットカードのキャッシングは簡単な操作をしただけで、まったく嫌な思いをせずにお金を引き出すことができたからです。

キャッシングを利用したきっかけは財布の紛失

自分はまさかキャッシングを利用するとは考えていませんでしたが、財布を紛失したことがきっかけで借入することになりました。財布には1万円程度しか入っていませんでしたが、当時はこれが全財産だったのです。貯金もゼロの状態で帰宅費用を用意できなくなり、給料日までキャッシングから借りることにしたわけです。当時はキャッシング選びのノウハウはまったくなく、駅ビルの消費者金融から10万円の借入をしました。

 

本当は1万円の借入でもよかったのですが、最低融資が10万円となっていたのです。そのため10万円を借りて、残りの9万円は翌日にカードで返済しました。借入したのは実質1万円となり、2週間後の給料日で完済しました。借入額が少なく、短期返済ということもあり、利息は驚くほど少なかったです。

 

キャッシングはこんなに利息が少ないんだと驚いたものですが、冷静に考えると100万円を借入すれば利息も100倍になりますね。利息が高すぎるという方は借りすぎているのが原因だと感じました。

 

現在もキャッシングの契約はしており、緊急時に1〜3万円程度を借りることができますが、基本的に給料日に全額返済をしています。借入日数で利息が発生するので、早く返済したほうが絶対に有利なのです。

お役立ちサイト

  • 事業者ローン

    人気の事業者向けローンを取り上げながら、賢い資金調達の方法について検証しています。

  •  

  • 専業主婦でも借りれる

    収入がない専業主婦が旦那に内緒でお金を借りる方法と注意点、実際の体験談など。

  •  

  • おすすめのキャッシング

    おすすめのキャッシングを金融機関ごとに解説、メリットやデメリットもご紹介。