専業主婦でもしっかりとキャッシングの審査が通るコツを公開

キャッシングできて助かりました

MENU

専業主婦でもしっかりとキャッシングの審査が通るコツを公開

専業主婦の私でも大丈夫でした(女性/40代)

専業主婦をしていますが、それでもお金が必要な時はあります。息子の学費や部活の費用などがまとまってかかるときや、冠婚葬祭、車の車検など、いつもの月よりも出費が多くなってしまう時があります。

 

そんな時には、毎回困ってしまうのですが、仕方なしにキャッシングを利用してみる事にしました。インターネットでいくつか見ていると、審査が専業主婦でも受けられると書かれている業者も多数ありました。

 

実際どうなるかは、審査を受けてみないとわからないですが、一度試しに受けてみる事にしました。私が持っている身分証明書は、免許証だけですがそれで十分問題なかったです。

 

さらにそこから、様々な質問に答えていきました、これらはすべてネットで行われたので非常に楽だったのを覚えています。そして審査は、ネットで申し込みをしてから数時間以内に完了しました。

 

専業主婦の私でもお金を借りることができるようになったので、とりあえず乗り切れると一安心でした。

 

やりくりの失敗からキャッシングを申し込み(女性/20代)

学校を卒業すると同時に結婚した私は、いわゆる世間というものを知りませんでした。専業主婦となって家庭のことを切り盛りするのは簡単、とたかをくくっていたことや、年の離れた旦那がそこそこの稼ぎを家に入れてくれることから、初めからどんぶり勘定になってしまっていました。

 

それでも最初のうちはそれで何とかやっていけましたが、だんだんお金が足りなくなってきました。新婚のうちからそんな経済状態になってしまったとは、いくら私に甘い旦那にも言えるはずがなく、言ったら旦那の態度が変わるかもしれないと思うと怖くて言い出せませんでした。

 

そんな時に見つけたのが専業主婦でも借りられるキャッシングでした。金額は少ないものの、専業主婦でも借りられるキャッシングは他には見つからず、それだけでも魅力的でした。

 

10万円あれば何とかなったのでとりあえず申し込むと、旦那の給料の多さからか、審査には拍子抜けするほどあっさり通りました。今は計画的に家計を管理し、お金も返済し終えましたが、あの時は本当に助かったと今でも思います。

 

介護の費用にもお金が(女性/50代)

子供も社会人になり、これで家計のやりくりもゆとりができるだろうと思っていたら、今度は夫の親の介護が待っていました。介護保険があるとはいうものの、紙パンツなどは自己負担ですし、デイサービスなどの費用も掛かります。

 

姑は国民年金しか受け取っていなかったため、介護にかかる費用はほとんど私たち夫婦持ちでした。専業主婦の私は、毎月夫の給料から特にお小遣いと決めていくらか取っていたわけではなかったので、へそくりくらいしか自由になるお金がありません。

 

姑はデイサービスが好きで週に何日も行きたがることから、お金がかかりました。仕方なく、ひとまずボーナスが出るまでの間しのごうと、夫には内緒でキャッシングを申し込みました。

 

専業主婦ではあるものの夫という後ろ盾があるせいか、審査に無事に通り、ボーナスが出るまでの間の介護費用を借りることができました。夫はお金の事は何もかも私に任せきりなので、こっそりボーナスで返済しておきましたが、これで姑にもいいお嫁さんだと思ってもらえたようです。

 

よくある質問

キャッシング審査に専業主婦が申し込む時に不利になるのはどんな時ですか?

専業主婦がキャッシングを利用するためには審査をクリアしなければなりませんが、日頃の行為によって審査が不利になってしまうことがあります。

 

次のような行為は審査でマイナスの影響が出ることがあるので気をつけましょう。
まず、公共料金や税金の滞納です。

 

一度くらいなら問題無いですが何度も支払いが遅れてしまうと信用情報に傷がついてしまいます。

 

最近はスマホや携帯を割賦販売契約して購入する人も多いですが、携帯料金の滞納も審査では不利になります。
また、現在たくさんの借り入れがある人、返済に滞納がある人も審査に通りにくくなってしまうので、審査に申し込む前にきちんと返済しておくようにしましょう。

 

専業主婦がキャッシングに申し込むと夫の会社に電話が行くって本当ですか?

キャッシング審査には在籍確認という手続きがあります。

 

これは申し込み書に書かれた勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認するものです。
在籍確認を行って嘘の情報が書かれていると分かれば審査に落とされてしまいます。

 

専業主婦が申し込んだ場合は一般的に夫の会社に対して在籍確認が行われます。

 

なぜ電話が夫の勤務先に行くのかというと、消費者金融には配偶者貸付という制度があり、
専業主婦のように収入がない人に対しては配偶者の返済能力に対して融資が行われるという形になるからです。

 

そのため消費者金融は夫の勤務先に対して在籍確認を行い、問題がなければ融資を行うということになります。

 

夫の会社に電話がかかってくると借金をしていることを会社の人に知られてしまうのではないかと不安を感じるかもしれませんが、
審査担当者は電話で企業名を出すことはないのでバレる心配はありません。

 

専業主婦がキャッシング審査を申し込む場合、どこがいいのでしょうか?

専業主婦に対してキャッシングサービスを行っているのは銀行と消費者金融ですが、この両者の大きな違いは総量規制が適用されるかどうかです。

 

総量規制の適用される消費者金融では収入のない専業主婦に対してお金を貸すことはできないので配偶者貸付という形で夫の信用力に対して融資を行う形になります。
ですから、夫に内緒でお金お借りるということはできませんが、夫に大きな信用力があれば多額の借り入れをすることが可能です。

 

一方、銀行のキャッシングは総量規制の適用外となるので専業主婦が本人の信用力だけでお金を借りることができます。

 

しかし、専業主婦は基本的に無収入なので借りることのできる金額は数万円から最大でも20万円ほどです。
なお、銀行でも配偶者貸付を利用することが可能です。

 

この場合は夫の同意書が必要になりますが、審査で夫に十分な返済能力があると分かれば多くのお金を借りることも可能です。